HOME > TOPICS


Nuit Blanche Kyoto 2020
ニュイ ・ブランシュ KYOTO 2020 開催中です!





開催期間:10月3日(土)~10月19日(月)
休館日:火曜日 水曜日
開館時間:10:00~17:30 (最終入場17:00)
但し10月3日は19:30まで(最終入場19:00)、
10月19日は15:00まで(最終入場14:30)です。




開催期間:10月3日(土)~10月19日(月)
休館日:火曜日 水曜日
開館時間:10:00~17:30 (最終入場17:00)
但し10月3日は19:30まで(最終入場19:00)、
10月19日は15:00まで(最終入場14:30)です。


JR

JR が所有する世界最大のギャラリー、それは街。普段美術館に足を運ぶことのない人々も、街を歩けば JR の作品に目が留まります。パリ郊外からニューヨークの街、ブラジルのファベーラ、キベラからイスタンブール、ロサンゼルスから上海まで、彼の手にかかれば、あらゆる壁や橋、階段が、無名の人々の巨大ポートレートで埋め尽くされます。
2011年、TED賞を受賞した JR は、世界規模の参加型アートプロジェクト「In-sideOut」に着手します。世界中の人々が自身の大判ポートレートを街中に貼ってメッセージを届けるというこのプロジェクトには、2020年6月1日現在 140を超える国で42万人以上が参加。彼らのポートレートは、郵送された写真やフォト・トラックで撮影した写真によるものです。
JR が所有する世界最大のギャラリー、それは街。普段美術館に足を運ぶことのない人々も、街を歩けば JR の作品に目が留まります。パリ郊外からニューヨークの街、ブラジルのファベーラ、キベラからイスタンブール、ロサンゼルスから上海まで、彼の手にかかれば、あらゆる壁や橋、階段が、無名の人々の巨大ポートレートで埋め尽くされます。
2011年、TED賞を受賞した JR は、世界規模の参加型アートプロジェクト「In-sideOut」に着手します。世界中の人々が自身の大判ポートレートを街中に貼ってメッセージを届けるというこのプロジェクトには、2020年6月1日現在 140を超える国で42万人以上が参加。彼らのポートレートは、郵送された写真やフォト・トラックで撮影した写真によるものです。
最近のプロジェクトとしては、カリフォルニア州の重犯罪刑務所における巨大コラージュ、米国における銃の問題を取り上げた TIME誌の表紙、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)で披露された1,200人の日常生活を描くデジタル壁画、ニューヨーク・シティ・バレエ団とのコラボレーション、ヌーヴェルヴァーグのレジェンド、アニエス・ヴァルダと共同制作したドキュメンタリー(アカデミー賞ノミネート作品)、パリのパンテオンにおける巨大インスタレーション、コンテナ船上でのコラージュ、ルーブル美術館のピラミッドのコラージュ、パリ郊外クリッシー=モンフェルメイユの壮大な「ディエゴ・リベラ風」壁画、2016年リオデジャネイロオリンピックにおける建設用足場を利用したインスタレーション、今は廃墟となったエリス島の病院における展覧会、パリのホームレスや難民のための支援・文化レストラン、米国とメキシコ国境の巨大インスタレーションなどが挙げられます。
最近のプロジェクトとしては、カリフォルニア州の重犯罪刑務所における巨大コラージュ、米国における銃の問題を取り上げた TIME誌の表紙、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)で披露された1,200人の日常生活を描くデジタル壁画、ニューヨーク・シティ・バレエ団とのコラボレーション、ヌーヴェルヴァーグのレジェンド、アニエス・ヴァルダと共同制作したドキュメンタリー(アカデミー賞ノミネート作品)、パリのパンテオンにおける巨大インスタレーション、コンテナ船上でのコラージュ、ルーブル美術館のピラミッドのコラージュ、パリ郊外クリッシー=モンフェルメイユの壮大な「ディエゴ・リベラ風」壁画、2016年リオデジャネイロオリンピックにおける建設用足場を利用したインスタレーション、今は廃墟となったエリス島の病院における展覧会、パリのホームレスや難民のための支援・文化レストラン、米国とメキシコ国境の巨大インスタレーションなどが挙げられます。


MARC CHAGALL

マルク・シャガールは、1887年に白ロシア(今のベラルーシ)の ヴィーツェプスクで生まれました。1906年にはヴィーツェプスクのペンのアトリエで、1907年にはサンクトペテルブルクのバクストの アトリエで芸術家としてのキャリアを歩み始めました。1914年にパリへ移り住み、そこでの前衛芸術家らとの出会いが彼の作風に決定的な影響をもたらします。1914年、最初のモノグラフ展がベルリンで開かれ、その後ヴィーツェプスクに帰郷します。彼はそこで芸術のための人民委員となり、芸術アカデミーを設立しましたが、1923年には永久にロシアを離れてパリに移住し、そこでユダヤ、ロシア、フランスのイコノグラフィーを融合する独自のスタイルを発展させました。
第二次世界大戦から1947年の終わりまで亡命したアメリカから祖国に戻った時、彼は20世紀を 代表するアーティストになっていました。驚くべき色彩の使い手で絶えず自分の表現を刷新し続けた彼は、1985年パリのサン・ポールでその生涯に幕を下ろしました。
マルク・シャガールは、1887年に白ロシア(今のベラルーシ)の ヴィーツェプスクで生まれました。1906年にはヴィーツェプスクのペンのアトリエで、1907年にはサンクトペテルブルクのバクストの アトリエで芸術家としてのキャリアを歩み始めました。1914年にパリへ移り住み、そこでの前衛芸術家らとの出会いが彼の作風に決定的な影響をもたらします。1914年、最初のモノグラフ展がベルリンで開かれ、その後ヴィーツェプスクに帰郷します。彼はそこで芸術のための人民委員となり、芸術アカデミーを設立しましたが、1923年には永久にロシアを離れてパリに移住し、そこでユダヤ、ロシア、フランスのイコノグラフィーを融合する独自のスタイルを発展させました。
第二次世界大戦から1947年の終わりまで亡命したアメリカから祖国に戻った時、彼は20世紀を 代表するアーティストになっていました。驚くべき色彩の使い手で絶えず自分の表現を刷新し続けた彼は、1985年パリのサン・ポールでその生涯に幕を下ろしました。


ZAO WOU KI

中国出身のフランス人画家ザオ・ウーキーは1920年北京生まれ。杭州の美術学校に数年間学び、 1948年にはフランスに移住します。ほどなく戦後パリにおける芸術再興の波に乗り、ピエール・ルーブ画廊、ギャルリー・ド・フランス、クーツ・ギャラリー(ニューヨーク)などに展示される若手画家の仲間入りを果たします。
同世代の画家の中でいち早く中国古来の伝統と欧州や米国の抽象画を融合させたザオ・ウーキーは、20世紀後半の抽象絵画に大きな足跡を残しました。こうして彼の作品は、シカゴ美術館、ニューヨークの近代美術館(MoMA)やグッゲンハイム美術館、ワシントンのハーシュホーン博物館、フランス国立図書館、パリの国立近代美術館、東京のアーティゾン美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール、香港芸術館、台北市立美術館など、錚々たる美術館や個人のコレクションに所蔵されています。
中国出身のフランス人画家ザオ・ウーキーは1920年北京生まれ。杭州の美術学校に数年間学び、 1948年にはフランスに移住します。ほどなく戦後パリにおける芸術再興の波に乗り、ピエール・ルーブ画廊、ギャルリー・ド・フランス、クーツ・ギャラリー(ニューヨーク)などに展示される若手画家の仲間入りを果たします。
同世代の画家の中でいち早く中国古来の伝統と欧州や米国の抽象画を融合させたザオ・ウーキーは、20世紀後半の抽象絵画に大きな足跡を残しました。こうして彼の作品は、シカゴ美術館、ニューヨークの近代美術館(MoMA)やグッゲンハイム美術館、ワシントンのハーシュホーン博物館、フランス国立図書館、パリの国立近代美術館、東京のアーティゾン美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポール、香港芸術館、台北市立美術館など、錚々たる美術館や個人のコレクションに所蔵されています。


JULIO LE PARC

キネティック・アートとオプティカル・アート(視覚芸術)の先駆者でG.R.A.V.(ビジュアルアート研究グループ)の創設メンバー、さらに1966 年にヴェネツィア・ビエンナーレの国際賞受賞に輝くジュリオ・ル・パルク(1928 年アルゼンチン出身)は、 美術史を象徴する人物です。彼の作品は、光、色、エネルギー、動きを組み合わせた感覚的な体験を与えてくれます。ベルナルドとのコラボレーションを見ると、この不屈の芸術家の取り組みが、どれほど現代風で、遊び心がありかつ斬新であるかがわかります。
キネティック・アートとオプティカル・アート(視覚芸術)の先駆者でG.R.A.V.(ビジュアルアート研究グループ)の創設メンバー、さらに1966 年にヴェネツィア・ビエンナーレの国際賞受賞に輝くジュリオ・ル・パルク(1928 年アルゼンチン出身)は、 美術史を象徴する人物です。彼の作品は、光、色、エネルギー、動きを組み合わせた感覚的な体験を与えてくれます。ベルナルドとのコラボレーションを見ると、この不屈の芸術家の取り組みが、どれほど現代風で、遊び心がありかつ斬新であるかがわかります。


SARKIS

サルキスは1938年イスタンブール生まれのアルメニア系フランス人で、絵画とインテリアデザインを学び、1964年にフランスに移住しました。1967年、パリ・ビエンナーレで絵画賞を受賞。1969年には、美術評論の大家であるハラルド・ゼーマンに招かれ、展覧会「態度が形になるとき」展に参加します。
「私の作品は常に記憶とつながっています。そこには、これまでの経験すべてがあります。」と語るように、サルキスは35年以上にわたり、自分の記憶と場所の思い出から得たストーリーを元に演出を行っています。
水彩画、ビデオ、彫刻など多くの手法を用い、ネオン、磁気テープ、銅など様々な素材を使って、異なる世界や文化に由来するオブジェを組み合わせ、力強いヒューマニズムと世界の歴史を解明する作品に取り組んでいます。サルキスは、パリのポンピドゥー・センター、ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、サンフランシスコ近代美術館、ジュネーヴ近現代美術館をはじめ、数多くの国際展示会や有名美術館に作品を出品しています。彼の作品は世界中の美術館や民間のギャラリーなどで数多く公開されています。1964年以降、サルキスはパリを拠点に活動をしています。
サルキスは1938年イスタンブール生まれのアルメニア系フランス人で、絵画とインテリアデザインを学び、1964年にフランスに移住しました。1967年、パリ・ビエンナーレで絵画賞を受賞。1969年には、美術評論の大家であるハラルド・ゼーマンに招かれ、展覧会「態度が形になるとき」展に参加します。
「私の作品は常に記憶とつながっています。そこには、これまでの経験すべてがあります。」と語るように、サルキスは35年以上にわたり、自分の記憶と場所の思い出から得たストーリーを元に演出を行っています。
水彩画、ビデオ、彫刻など多くの手法を用い、ネオン、磁気テープ、銅など様々な素材を使って、異なる世界や文化に由来するオブジェを組み合わせ、力強いヒューマニズムと世界の歴史を解明する作品に取り組んでいます。サルキスは、パリのポンピドゥー・センター、ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、サンフランシスコ近代美術館、ジュネーヴ近現代美術館をはじめ、数多くの国際展示会や有名美術館に作品を出品しています。彼の作品は世界中の美術館や民間のギャラリーなどで数多く公開されています。1964年以降、サルキスはパリを拠点に活動をしています。


MIRÓ

1893年にバルセロナで生まれたジョアン・ミロは、20世紀の前衛芸術の中心人物です。ライン、カラー、自然なフォルムを斬新に使う手法は、シュールレアリズム芸術の原則、つまり無意識下にある創造性を解放する作品の創作であると考えられています。遊び心のあるイラストとラインの網目模様は、ミロの抽象的な絵画に幻想的な面を加えています。パリで暮らし始めた1924年から、彼はシュールレアリズム運動の重要人物と数多く出会いました。その中にはアンドレ・ブルトン、ポール・エリュアール、マックス・エルンスト、トリスタン・ツァラなどがいました。1954年には、ベネチア・ビエンナーレでグランプリを受賞します。彼は画家だけでなく彫刻家としても、アプレゲール(戦後派)芸術、とりわけアメリカの抽象表現主義に影響を与えました。ミロは1983年12月25日、パルマ・デ・マヨルカにて90歳で死去しました。1941年にニューヨーク近代美術館で開かれた最初の回顧展以来、今日までに幾たびか大きな回顧展が開かれました。
1893年にバルセロナで生まれたジョアン・ミロは、20世紀の前衛芸術の中心人物です。ライン、カラー、自然なフォルムを斬新に使う手法は、シュールレアリズム芸術の原則、つまり無意識下にある創造性を解放する作品の創作であると考えられています。遊び心のあるイラストとラインの網目模様は、ミロの抽象的な絵画に幻想的な面を加えています。パリで暮らし始めた1924年から、彼はシュールレアリズム運動の重要人物と数多く出会いました。その中にはアンドレ・ブルトン、ポール・エリュアール、マックス・エルンスト、トリスタン・ツァラなどがいました。1954年には、ベネチア・ビエンナーレでグランプリを受賞します。彼は画家だけでなく彫刻家としても、アプレゲール(戦後派)芸術、とりわけアメリカの抽象表現主義に影響を与えました。ミロは1983年12月25日、パルマ・デ・マヨルカにて90歳で死去しました。1941年にニューヨーク近代美術館で開かれた最初の回顧展以来、今日までに幾たびか大きな回顧展が開かれました。


JEFF KOONS

1955年ペンシルベニア州ヨークで生まれたジェフ・クーンズは、間違いなく現存する最高のアーティストの一人といえるでしょう。1980年代に登場して以来、ジェフ・クーンズはポップアートとコンセプチュアルアートのテーマと手法を大衆文化と混ぜ合わせ、独特のイコノグラフィーを作りました。彼の芸術は時に物議をかもしましたが、多くの人をも魅了しました。 彼の作品は、日常的なものを組み合わせ、自己受容と超越のテーマを元に構成されています。現在ニューヨークに在住し活動を続けるクーンズの作品は世界中の美術館やプライベート・ギャラリーで数多く公開されています。
1955年ペンシルベニア州ヨークで生まれたジェフ・クーンズは、間違いなく現存する最高のアーティストの一人といえるでしょう。1980年代に登場して以来、ジェフ・クーンズはポップアートとコンセプチュアルアートのテーマと手法を大衆文化と混ぜ合わせ、独特のイコノグラフィーを作りました。彼の芸術は時に物議をかもしましたが、多くの人をも魅了しました。 彼の作品は、日常的なものを組み合わせ、自己受容と超越のテーマを元に構成されています。現在ニューヨークに在住し活動を続けるクーンズの作品は世界中の美術館やプライベート・ギャラリーで数多く公開されています。


CAMPANA BROTHERS

ブラジル人デザイナーのフェルナンド・カンパーナ(1953年生まれ)と弟ウンベルト・カンパーナ(1961年生まれ)の作品は、何よりも変化と再発明という概念に軸をおいています。名声を確立した彼らの作品は、ニューヨーク近代美術館、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム、テルアビブ美術館、モントリオール美術館、ミュンヘンのピナコテーク・デア・モデルネ、フィラデルフィア美術館、パリの装飾美術館など、世界最高峰の美術館に展示されています。
ブラジル人デザイナーのフェルナンド・カンパーナ(1953年生まれ)と弟ウンベルト・カンパーナ(1961年生まれ)の作品は、何よりも変化と再発明という概念に軸をおいています。名声を確立した彼らの作品は、ニューヨーク近代美術館、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム、テルアビブ美術館、モントリオール美術館、ミュンヘンのピナコテーク・デア・モデルネ、フィラデルフィア美術館、パリの装飾美術館など、世界最高峰の美術館に展示されています。


ベルナルドの誇る職人と世界的な芸術家たちとの交流から生まれる“フロー”が生みだした
ストーリーあふれる磁器作品との出会いは、訪れるゲストにとっても忘れられない経験となるでしょう。
併せて、京都伝統工芸大学校 漆工芸科の学生および講師の作品を展示中。
日本の漆作品とフランスの磁器との「出会い」も、ぜひお楽しみください。

作品は京都伝統工芸館1階 「展示ホール」にて公開中です。
入場無料となっております。



京都伝統工芸大学校 漆工芸科
安達 尚文「暁闇」

京都伝統工芸大学校 漆工芸科
髙村 優希「乾漆観葉飾筥」

京都伝統工芸大学校 漆工芸科講師
長屋 綾乃「菊蒔絵飾皿残菊」


FACEBOOK

 facebook@TASK

Twitter

 Twitter@TASK_kogeikan

Instagram

 Instagram@TASK_official

学校法人 二本松学院
京都美術工芸大学
京都伝統工芸大学校
京都建築大学校
大阪都島工芸美術館

〒604-8172 京都市中京区烏丸通三条上ル

TEL:075-229-1010

開館時間:午前10時~午後5時半(入館は午後5時まで)

休館日 :火曜日・水曜日・祝日(イベント開催時には開館します)、年末年始

サイトマップ

個人情報の取扱について

求人情報

支援機関・業界

Copyright KOGEIKAN All Rights Reserved.

FACEBOOK

 facebook 

Twitter

 Twitter 

instagram

 Instagram 

学校法人 二本松学院
KASD
京都建築大学校
KYOBI
京都美術工芸大学
TASK
京都伝統工芸大学校

〒604-8172 京都市中京区烏丸通三条上ル

TEL:075-229-1010

開館時間:午前10時~午後5時半(入館は午後5時まで)

休館日 :火曜日・水曜日・祝日(イベント開催時には開館します)、年末年始